読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたい人は

逃げましょう!

今の環境から、人から、学校から、会社から、親から…、

 

なんでこんなことを書いたかというと、

今の世の中、

「どうしても辛かったら逃げればいいよ…」って教えてくれる人がいないからです。

 

僕は

小中高大と生きてきてかなり辛かったです。

親から言われた習い事は嫌いなものしかありませんでしたが、無理して全部行きました。

父親から「負け犬」と言われ続けましたが耐えました。

友人は大学までできませんでした。

厳しいしつけのせいか、人の顔色を伺って、すべてのことを遠慮してやってるのは今も変わりません。

 

社会人になると、もう救いようがなかったですね。

何度も死にたくなりましたよ。

新人には明らかにキャパオーバーな仕事量。

支店の新人イビリ。

明らかに疲れ切っていた顔をしていた為、顔についても馬鹿にされました。

気を紛らわす為に暴飲暴食、1日に食事で5、6千円使ってました。

 

もう、どうしていいかわかんねー、

 

もう飛び降りる寸前でした。

彼女に電話したんですよ。

「やめて!残された私どうするの?」

「言ってたよね。子供は女の子が良いって!」

「μ'sのユメノトビラの衣装作って、娘に着せて3人でイベント行きたい、って。まだ、その夢叶えてあげてない!」って、

泣いた。

 

その後、もう正常な判断を失ってので、

会社のNo.2に電話したわけですよ。
「実はさっきまで飛び降りようとしてました。今おかしくなってます」
って、
要は逃げた訳ですね。

どんな反応されるかも見ものでしたし、

そしたら、「なんで!!?」

って、その日のうちに本部長が食事に誘ってくれて、酒を飲み🍶説得されました。

 

その後、実家に強制送還させられました。

でも、実家は自分の心の容体のこと信じてくれなかったですね。

2ヶ月の休職期間はずっと家の手伝いをやらされてました。

 

一度復帰したんですが、

もう一度おかしくなりました。

2017年1月から再び休職に入り、

2月末付で退社になります。

 

で、ようやく親も自分の病み、に気づいてくれて、

この2017年2月は僕にとって人生で1番楽な時期になろうとしています。

 

もうね、結論

逃げてよかったです。

あのまま頑張ってたら文字通り死んでました。

 

生きてりゃ勝ち。

 

もっと逃げようと思ってます、

辛かったら親のカード盗んででも、

海外にでも逃亡しますよ。

多分、カード止められないと思いますし、

勘当されたら生活保護でも、

ホームレスでもして、

辛くなったら死ねばいいわけですよ。

 

死ぬのは楽です!一瞬です。

 

けど、まあ20代のうちは生きようかと思います。